無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

2007年01月07日

根っこと種A

人間にとって一番大切な栄養素は、炭水化物です。
類人猿と同じく脳のエネルギー源として、必須の物です。
しかし、人間が取得してる炭水化物は、類人猿と違うところはでん粉質の糖分です。でん粉は少しづつ消化され脳に働くため、24時間休み無く脳細胞が活動するようになります。
人間以外の動物は、類人猿を含めて餌を摂るとき、敵から逃れるとき以外は殆ど昼寝をします。
それは脳細胞を休ませるためです。長時間脳細胞を活動させますとオーバーヒートしてしまうんですね。

類人猿は人間と同じく脳が発達してますから炭水化物をたくさん摂る必要があります。

そのためフルーツを沢山食べます。しかしフルーツの糖分は消化吸収が速いので永続的に栄養を供給できません。

人間は芋類や穀物を主食としますから永続的に脳を働かすことが出来ます。
哺乳類の中で昼寝をしないのは人間だけです。

寝ているときに夢を見るのも人間だけです。つまり24時間脳が動いているからです。休み無く脳が働けばどうなるか?

筋肉だって運動を続ければ太く大きく発達します。
体の器官は全て使えば使うほど、進化して機能が上昇しますね。

だから人間の脳は類人猿に比べて著しく発達したわけですね。http://nno150max.seesaa.net/


posted by 疾風迅雷2002 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。